« 今日も元気に餌をついばんでいます | トップページ | 見張ってます »

2008年12月12日 (金)

ナベヅルは恐がりです

ここ数日、風も弱く暖かい日が続いていて、平日にもかかわらず鳥見の人が豊浜を訪れています。

飛来から10日間経ち、ナベヅルたちはどこにおいしい餌があるかを覚えたようで、何ヶ所かの餌場を移動しつつ一日を過ごしています。

しかし、まだ、「ここは安全なのかな~?」と警戒中。

餌をついばみつつ、必ず1羽か2羽は頭を高くもたげて周囲の状況を見回しています。

ナベヅルは大きくてどっしりと構えているように見える鳥ですが、実はとても臆病で警戒心の強い鳥です。

危険が迫ったら、いえ、危険が迫る前の段階=もしかして危険かな?と感じただけでその場から逃げようとします。

越冬地として舞い降りたけれどここは安心できないなと思ったら、ここから離れてしまいますので、バード・ウォッチャーのみなさんはくれぐれもナベヅルたちを恐がらせたりしないよう遠くから静かに見守ってください。

Cocolog_oekaki_2008_12_12_03_56

見張り役がじっとこちらを見つめているときは近づきすぎているときです。

そういうときは、少しずつそっと静かに後退してください。

|

« 今日も元気に餌をついばんでいます | トップページ | 見張ってます »

ナベヅル情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日も元気に餌をついばんでいます | トップページ | 見張ってます »